現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

ホーム > 現場ブログ > 豆知識 > 屋根カバー工法の基本とメリット!予算と時間を賢く節約

屋根カバー工法の基本とメリット!予算と時間を賢く節約

豆知識スタッフブログ 2024.05.16 (Thu) 更新

低コストで居住環境の改善を図りたいと願う多くの家主にとって、屋根リフォームは重要な選択です。
しかし、全面的な葺き替えには高額な費用が伴うことが多く、賢い選択肢を模索することが求められます。
この記事では、屋根カバー工法という、効率的かつ経済的な屋根リフォーム方法に焦点を当て、その概要から選択のメリット・デメリットまでを詳しく解説します。

 

□屋根カバー工法とは?

 

屋根カバー工法、別名「重ね葺き」とは、既存の屋根に新しい屋根材を追加していくリフォーム手法です。
この方法は特にスレート屋根が既に敷設されている場合に多く採用され、軽量で耐久性のあるガルバリウム鋼板のような材料が用いられます。

 

1:主な対象となる屋根

 

屋根カバー工法は主に劣化が進んだスレート屋根に適用されます。
既存の屋根を撤去せずに、その上から新しい屋根材を施工するため、コストと時間の節約につながります。

 

2:使用される材料

 

多くの場合、ガルバニウム鋼鈑やジンカリウム鋼鈑やアスファルトシングルなどの屋根材が選ばれることが多いです。
この材料は軽量でありながら優れた耐候性と耐久性を持ち合わせており、かなり長期にわたる屋根の保護が可能になります。

 

3:工事の流れと期間

 

カバー工法では、新しい屋根材を既存の屋根に固定する作業が中心となります。
そのため、全体的な工事期間も短縮され、大がかりな撤去作業が不要なので廃材処分やアスベストの廃棄といったことが大幅に軽減されます。

□屋根カバー工法の選択メリットとデメリット

 

*カバー工法のメリット

 

1:コスト削減

 

屋根カバー工法は、既存の屋根を撤去せずに新しい屋根材を上から重ねることで、撤去や処分に関わる費用が少なくて済みます。
これにより、全体のリフォーム費用を大幅に削減可能です。
特に、リフォーム資金が限られている場合において、この方法は非常に経済的かつ合理的です。

 

2:断熱性・遮音性の向上

 

二重の屋根構造により、家全体の断熱性と遮音性が増します。
これは、屋根の下に空気の層が生まれるためで、特に厳しい気候条件下での居住環境の快適性を向上させる効果があります。※屋根材によります。
夏は涼しく、冬は暖かい室内環境を保ちやすくなります。

 

3:工事期間の短縮

 

従来の葺き替え工事に比べて、屋根カバー工法では工事に必要な時間が大幅に削減されます。
これは、撤去作業が少しであるため、作業効率が向上するためです。
短い工期は、それに伴う職人の人件費削減や、日常生活への影響を最小限に抑える利点も持ち合わせています。

 

*カバー工法のデメリット

 

1:将来の屋根工事費用が高額になりやすい

 

カバー工法では、将来的な屋根の葺き替え工事が必要となった場合、撤去する屋根材が二重分存在するため、その分の撤去・処分費用が高くつきます。
また、工事の複雑性が増すことで、全体のリフォーム費用も増加する可能性があります。

 

2:使用できる屋根材が限られる

 

重ね葺きに使用される屋根材は、通常、軽量で耐候性が高いものが選ばれます。
これは、既存の屋根に追加の重量を加えると、構造的な問題を引き起こす可能性があるためです。
この制限により、選べる屋根材の種類が限定され、デザインの自由度が低下することがあります。

 

3:耐震性が低下する可能性

 

カバー工法により屋根の重量が増加すると、特に地震のリスクが高い地域での耐震性に悪影響を及ぼす可能性があります。
追加の屋根材によって建物の重心が高くなり、地震時に建物が受ける影響が増大する恐れがあるため、構造的な評価と適切な対策が必要です。

◻︎まとめ

 

屋根カバー工法は、リフォーム費用の削減、断熱性と遮音性の向上、工期の短縮といった多くのメリットを提供しますが、将来のコスト増加やデザインの制限などのデメリットも把握しておく必要があります。
自宅の屋根リフォームを考える際は、これらの点を総合的に検討し、最適な選択を行うことが求められます。

 

当社では、最新の技術を駆使した外壁塗装・屋根工事でで、あなたの家を美しく保護します。
長持ちする快適な住まい作りをサポートします。

地域密着!長持ち塗装でお客様の大切なお家を守りますご相談・見積り・診断は無料です!!

0120-29-1173イイナミ お気軽にお電話ください!9:00〜18:00(年中無休)

  • 外壁塗装ショールームの来店予約はこちら
  • お気軽にご相談ください!お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!