現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

ホーム > 現場ブログ > 豆知識 > 屋根塗装で重要な「縁切り」について解説!【茅ヶ崎市・藤沢市の外壁塗装・屋根工事はかなえるへ!】

屋根塗装で重要な「縁切り」について解説!【茅ヶ崎市・藤沢市の外壁塗装・屋根工事はかなえるへ!】

豆知識スタッフブログ 2024.06.28 (Fri) 更新

みなさん、こんにちは!

茅ヶ崎市・藤沢市に地域密着の屋根工事・外壁塗装専門店 かなえるです!

屋根塗装は、見た目の美観だけでなく、屋根の寿命を左右する重要な要素です。
しかし、ただ単に塗料を塗るだけでは十分ではありません。
適切な施工方法を選ぶことで、より効果的に屋根を保護できるのです。

この記事では、屋根塗装における縁切りの重要性とその方法について解説していきます。
縁切りを適切に行うことで、屋根を長持ちさせ、将来的なコスト削減にもつながります。
ぜひ最後まで読んで、あなたの家の屋根をしっかり守りましょう。

□屋根塗装と縁切りの必要性

屋根塗装において縁切りがなぜ重要なのか、あなたは理解していますか。
屋根のメンテナンスに真剣で、長期的な保護とコスト効率を重視している方は多いでしょう。
家は、長い年月をかけて大切に守り育てていくものです。
その中でも、屋根は雨風から家を守る重要な役割を担っています。
ここからは屋根塗装において大切になってくる縁切りについて解説します。

縁切りとは、屋根材の継ぎ目に塗料が溜まってしまうのを防ぐための作業です。
スレート屋根の場合、スレート同士の重ね部分やスリットと呼ばれる縦方向の隙間があります。

塗装時にこれらの隙間を塗料で埋めてしまうと、雨水が侵入しやすくなり、毛細管現象によって内部に浸透し、やがては雨漏りへとつながります。
縁切りを行うことで、塗料の重なりを避け、雨水がスムーズに排水されるようになり、屋根材の寿命を延ばす効果が期待できます。

縁切りは、屋根塗装後の適切なメンテナンスとして、必ず行うべき作業なのです。

□縁切りの現代的方法とその効果

従来は、ヘラやカッターを用いた縁切りが行われていましたが、現代ではタスペーサーと呼ばれる専用の部品を用いる方法が主流となっています。

タスペーサー工法は、塗料を塗る前に屋根材の継ぎ目にタスペーサーを挿入することで、塗料の重なりを防止します。
タスペーサーは、様々な材質や形状があり、屋根材の種類や施工状況に合わせて適切なものを選べます。

タスペーサー工法は、従来の縁切り方法と比べて以下のメリットがあります。

・施工時間が短縮できる
・仕上がりが綺麗で、屋根材を傷つけるリスクが少ない
・長期的な効果が期待できる

特に、従来の方法では屋根材の上を歩行する必要があり、傷が付いてしまうリスクがありましたが、タスペーサー工法では屋根材を傷つけることなく施工できるため、安心安全です。
さらに、タスペーサーは様々なデザインがあり、見た目も美しく、屋根の美観を損なうこともありません。
タスペーサー工法は、屋根の保護と美観の両方を叶える、現代の屋根塗装に最適な方法と言えるでしょう。

□まとめ

この記事では、屋根塗装における縁切りの重要性について解説しました。
縁切りは、屋根の寿命を延ばし、雨漏りを防ぐための必須作業です。
現代では、タスペーサー工法が主流となり、従来の方法よりも効率的で安全性の高い施工が可能となりました。
屋根塗装を検討する際は、ぜひ縁切りについてもしっかりと理解し、適切な施工方法を選択するようにしましょう。
あなたの大切な家を、これからも長く守り続けるために。

地域密着!長持ち塗装でお客様の大切なお家を守りますご相談・見積り・診断は無料です!!

0120-29-1173イイナミ お気軽にお電話ください!9:00〜18:00(年中無休)

  • 外壁塗装ショールームの来店予約はこちら
  • お気軽にご相談ください!お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!